読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石垣島馬広場の日々。

与那国から石垣に移り住み、馬と、動物たちと暮らしたくさんふれあえる”馬広場”の日々を記していきます。

別れ

このブログは彼に関わってくれた方には悲しいお知らせですが、知らない方がほとんどで、でも我が家の大切な大事な家族の記録として付けます。

f:id:ishigakijimaumahiroba:20150906055915j:plain

ホームページやブログには載せていませんでしたが、牧場娘と看板犬アイスと一緒にいるネコ・クマゴロウは自宅で一緒に暮らしていました。

あってくれた方には、ひとなっつこくしっぽが長くて美形だとたくさんほめてくれる自慢の家族。

家族みんなのことが大好きで、一人でお留守番しているのが寂しいのか、いつもだれか帰ってくると「みゃー!!」と鳴いてアイスにまですりすりとお出迎えをしてくれました。

そんな彼は2才とまだまだ若いのですが、約一週間前に突然亡くなりました。

上の写真は亡くなる3日前。

突然すぎて、辛く、悲しく、お知らせするのが遅くなしました。

その日帰ってこなく、次の日の朝家の裏で横たわっているのを、仲良しのアイスが見つけてくれました。

原因は見た所では何かに強くぶつかったのではという感じですが、詳しいことはわかりません。

f:id:ishigakijimaumahiroba:20150906062509j:plain

与那国にいた時当時の自宅横で、まだ目も空いていない彼はお母さんとはぐれたのか一匹で鳴き続けていて、一晩我慢して見に行ったのが出会いです。

いろんな人に教えてもらいながら、ミルクをあげたり、排便の世話をしたり、娘がお腹にいる時だったので練習だと思いながらやり、小さいネコは難しいと言われましたが元気に大きくなってくれました。

娘が産まれてから、まだまだやんちゃで大人には向かって来るのですが、不思議と娘には手加減をしてくれていました。

最近でも娘とアイスとクマゴロウと仲良しでした。

f:id:ishigakijimaumahiroba:20150906065006j:plain

娘が小さい頃の大好きな写真。

抱っこされたりとか触られすぎるのは嫌いなのにどこか少しだけ人に触れておくのが好きな子でした。

突然すぎてまだまだ悲しみと後悔の方が強いけど、感謝したいと思います。

我が家に出会ってくれてありがとう。

娘の相手、教育をしてくれてありがとう。

クマのおかげでみんなたくさん笑顔になったよ、ありがとう。

ほんとはもっともっと娘と共に成長を見たかったけど、これからは見守っていてね。